私の人生を狂わせるカニ物語

物心ついたころからの蟹好きの私。私の人生を狂わせる蟹のこと、最近ハマっているかに通販のこと。

カニ狂い|「カニを味わった」という達成感を体感できるのはタラバガニという事だが…。

おいしい花咲ガニですが、ごく短期間の漁期で(5月頃~9月頭頃)、それこそ旬の季節だけの貴重な蟹なので、今まで食べたことないなどという人が意外といるのではありませんか。
ほっぺたが落ちそうなカニ足を食する満ち足りた時間は、間違いなく『横綱級のタラバガニ』だけのもの。お店まで出かけなくても、気楽に通信販売で手に入れるということが可能なのです。
ちょっと前までは、ネットなどの通信販売でズワイガニを入手するというようなことは、思いつかなかったことです。やはりこれは、ネットの普及もその助けになっていることも大きな要因でしょう。
メスのワタリガニというのは、冬場~春場の間に生殖腺がよく働くことで、おなかにたまごをストックすることになるわけです。口当たりが良いたまごも食べられる濃い目な味のメスは、驚く程絶妙です。
コクのある毛ガニのカニ味噌は、豊かな味わいの最高の一品と言えるでしょうね。甲羅を焼きながら、日本酒を混ぜ合わせてその香りを引き立たせ、毛ガニの味噌と身を重ねてから食べる事も最高ですよ。

海に囲まれている九州のカニはワタリガニ。脚を見てみると、身が入っているのは先端部分だけですが、その分だけ、甲羅の内側はゴージャスな味満載。端から端まで驚かされるほどの美味な部分でいっぱいです。
浜茹でが実施された蟹というのは、身が激減することもありえないですし、元々ある塩分とカニの美味しさが適度にベストマッチとなって、そのままの状態でも親しまれている毛ガニの味をたくさん頂戴することが出来るはずです。
茹でると美味しい本ズワイガニの方が、格別に旨みを持っている上に緻密で、カニしゃぶにおすすめの大ズワイガニの方は、淡白である身が大ぶりなため、飛びつくように召し上がる時には丁度いいと思います。
観光地が有名な北海道の毛ガニの独特の甘さ、こってりとした蟹味噌の味と、上質な舌触りに満足した後の究極は、風味が行き渡る甲羅酒を味わいましょう。毛ガニは最高の食材です。
「カニを味わった」という達成感を体感できるのはタラバガニという事だが、カニだからこそのオツな味をキッチリ召し上がる事が出来るのは、ズワイガニと言えるという差異があるのです。

以前は漁業も繁盛していて、水揚げ地によりけりではありますが、カニと伝えればコクのあるワタリガニと言われるくらいありふれていましたが、今日では漁獲量が少なくなり、昔とは対照的に、目撃する事もほぼ皆無になりました。
卵が美味しい雌のワタリガニの方が、一般的な雄よりも晩品です。少々食べづらい胸の身やミソの部分に関しては、雄と雌にあんまり差は感じ取れませんが、卵は質が良く絶妙な味です。
さあタラバガニを堪能したくなるお待ち兼ねの季節が巡ってきましたね。そんなタラバガニを通信販売でお取寄せしようと思い立って、インターネットの通販ショップをリサーチしている方も、多数いることでしょう。
漁ができる時期は決まっていますから、ズワイガニのシーズンは、たいてい1月を挟んだ2~3か月間で、季節としても進物にしたり、おせちの具材として利用されていると言っていいでしょう。
うまい松葉ガニも脱皮後の殻が柔らかい水ガニも、どちらもズワイガニのオスとなっています。けれども、同等な甲羅のサイズでも松葉ガニの値段は割高になっているのに、水ガニは割合的に割安価格だと聞いています。